コッツウォルズな暮らし cotswolduk.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスはコッツウォルズで二人の息子の育児そしてプリースクールで仕事をしたり学生に日本語を教えたりして暮らしています。


by lontom
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

お花をいただきました


日の出 午前7時43分  日の入り 午後5時05分
最高気温 9度  最低気温 3度  晴れ

先日Zくんのお母さんから
『急に早朝から出かけなくちゃならないの。うちのZを一晩泊めてもらえるかしら?』
と電話がありました。Zくんはあつしのクラスメートで仲良し君。今までトラブルもないので引き受けました。

遊ばせたいのはやまやまだけど翌日学校なので、いつものルールに従ってもらうようにしました。8時までに寝室へ行き本を読んで8時30分までに寝る。

子供たち、半分心はエキサイト、でもしっかり時間を守ってくれました。
電気を消しておやすみのあと、実はこれからが始まりです。

誰かの足音、おもちゃ箱を開ける音、ひそかな笑い声と続きました。始めの15分はじっと聞いていましたがいっこうに治まりません。いいかげん子供部屋へ行くといらっしゃいましたかとのようにみんなふとんに潜り込む。

何回これを繰り返したかな? ひろしは9時すぎにはすやすやと寝ていたけど、あとの二人はなんと11時30分までひそひそ話しをしていました。

翌日Zくんとお母さんからいただいたのがチューリップの花束。お礼をいただけるとは思っても見なかったのでうれしくなりました。
f0080372_3345431.jpg

そして今日は日本語の生徒さんが『庭に咲いていたので』と持って来てくれました。
f0080372_3373082.jpg
二日続いてお花をいただけるなんて、なにかいいことがありそうな気分です。
by lontom | 2008-02-07 03:40 | 私のこと