コッツウォルズな暮らし cotswolduk.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

イギリスはコッツウォルズで二人の息子の育児そしてプリースクールで仕事をしたり学生に日本語を教えたりして暮らしています。


by lontom
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

英国事情


7月に入りました。でも天気は相変わらず。一日のうちに快晴、どしゃぶりの繰り返し。こんな日がもう何日も続いている。このまま夏が来なくて一気に冬が来そうな予感。(なんてことはないだろうけど)

ここ数日でいろんなことがあった英国。

首相がトニー ブレア から ゴードン ブラウンに
若者に人気のスパイルガールズの再結成(デビット ベッカムが今度は子守り役だそうだ)
プリンス ウィリアム、ハリーによる 故プリンセス ダイアナのためのコンサート

ロンドンでのテロ未遂事件
グラスゴー空港でテロによる車が炎上

ロンドンに住んでいるときはいつ自分の身に何が起こるかわからないという緊張感が絶えずあったのに対して、ここ田舎にいるとニュースを見ない限り情報が入らない。
安全といえば簡単だけど。でもどこにいても事件は起こるだろうし、本当に自分の身を自分で守れない状態になってしまった。

社会を善くするために働いている人たちがいる反面、罪のない人たちを平気で巻き込んでしまう人たちもいる。

自分の子供たちが成人するころの社会はいったいどうなっているのだろう。
(固い話になってしまいました。それもこの天気のせいかも?)
[PR]
Commented by yuri at 2007-07-03 15:10 x
lontomさん、こんにちは。
ほんとに物騒な世の中ですよね。
テロだけは自分で防ぎようがないし・・・
未来ある子供達のために、何とか少しでも住みやすい世の中に、なってほしいものです。

Commented by lontom at 2007-07-03 22:12
yuriさん こんにちは。 テロといい温暖化といい、いったいこの先うちの子らが成人するときには社会といい地球といいどうなってしまうんでしょうね。全て人間の手で変えられた世の中今後はその手で住みやすい時代になってほしいものですね。
by lontom | 2007-07-03 01:53 | イギリス | Comments(2)