コッツウォルズな暮らし

cotswolduk.exblog.jp
ブログトップ

前回の続き

日の出   午前5時02分   日の入り   午後9時11分
最高気温   15度   最低気温   9度  雨ときどき曇り

前回のカードの件で今週の水曜までには近所の支店に届くと言ったがいっこうに来ない...

昨日確認のため電話をすると「木曜には届くでしょう。」とのこと。

今日の午後カードを受けとりに支店へ行くと...

「違う支店へ送るよう手配してありますよ」だって。

うちの近所はたとえば『ABC支店』地方の田舎町

そして先方が送った先は...『ABC Square支店』ロンドン市内の中心部

始めの名前が同じだけど全く違う。

改めて近くの支店からこの件を扱っている担当の人に話してもらって間違いを正してもらうことにしました。

そして私からも直接担当者に電話を入れて、支店で確認したこととカードがなくてとても困っていることなどを伝えました。

担当者は謝りましたが、私が『ABC Square支店』に送る手配はしていないと弁解しカードをサーチして早く送るよう手配すると言いましたが....実際のところはどうなのでしょう。

近くの支店のKさんは「他の支店が心当たりのないカードを受けとった時は『即 破棄する』と言っていました。もしそうだったらまた作り直してとまた何日か待たなくてはなりません。

こちらは来週月曜が祭日でもし明日カードがもらえなかったら火曜以降になります。他の支払い関係のこともあり「ほ〜〜んと、もうどうしたらいいんだろう...」てな具合。

普段は英語がうまくないlontomですが、こういうクレームには強いのであとは経過をみるばかりです。
[PR]
Commented by touch-the-world at 2011-05-29 21:35
タッチです♪

私も英語での対応は億劫でついつい先延ばしですが
クレームだとなぜかすらすらと出てくるんです~~。
頭より感情が勝つからかな?

早く手元にカードが届くといいですね!
Commented by primavera picco at 2011-05-31 14:18 x
lontomさん、お久しぶりです。

この季節になるとコッツウォルズの旅を思い出します。
もう4年も前になってしまうんですね。
私にはあっという間でしたが、lontomさんの息子さん達は、
どんどん成長されてびっくりしてしまいます。

カードの記事、読ませていただきました。
こんな不便を一方的にかけられて、さぞかしもどかしい日々強いられていらっしゃることでしょう。

もしデータの取り間違いがあったにせよ、顧客に連絡してからの対応でなければおかしいですよね。
連絡も怠り、さらに送付先を間違え、ミスにミスを上塗り。
私だったら猛烈に怒っちゃうかもしれません。
穏やかに交渉されていらっしゃるlontomさんを見習って、
私ももう少し我慢強くならねばいけませんね。

この続きを是非知りたいな。
Commented at 2011-06-01 21:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lontom at 2011-06-05 20:29
タッチさん こんにちは! 返事がおそくなりました。

私もおんなじ...電話の問い合わせなんかかける前に言葉を選んでからかけるまで時間がかかります。でもクレームはやはり勢いがでるんでしょうね。あとは相手次第もありませんか?聞く耳を持ってくれる人だといいですよね。
Commented by lontom at 2011-06-05 20:46
primaveraさん 返事がおそくなりました。こんにちは。

もう4年もたったんですね。子供がいると月日のたつのはとても早く感じられますよね。

イギリス人はあまり謝ることをしないと聞きます。本当に本当に自分が悪かったと認める場合意外はあまり謝りませんね。でも担当してくれた人は誤りの言葉を言ってくれたし今までの他の人よりは丁寧な対応でした。まぁ間違いはありましたが...
イギリスは上手くことが進むことがあまりないので郷に従えですかね...
Commented by lontom at 2011-06-05 20:52
鍵コメさん そちらも大変なことがあったんですね...私の場合はそれとはちがっていたので鍵コメさんと気持ちの持ちようが違ったと思いますが、こういうことはどちらにせよ嫌ですよね。解決するまでは落ち着きませんよね。自分の知らないところでどうしてそうなったかなんてわからないこととそしてお金が絡むことはほんとに嫌ですね。
by lontom | 2011-05-26 22:42 | イギリス | Comments(6)

イギリスはコッツウォルズで二人の息子の育児そしてプリースクールで仕事をしたり学生に日本語を教えたりして暮らしています。


by lontom